不眠が続く更年期のあなたへ

更年期になって不眠が続く…ホルモンとの関係性はある?

「疲れているはずなのに、最近よく眠れない…」

 

更年期になると悩みの1つに「不眠」があります。

 

 

特に女性の方が男性に比べて不眠になりやすい傾向にあり、どうやら女性ホルモンが関係しているようです…

 

しっかり眠ることで1日の疲れをとらなければいけないのですが、不眠が続くと体調にも影響してくる可能性があります。

 

 

なかなか寝付けずにお悩みのあなたへ、ホルモンと不眠の関係性、そしてその対処法についてお話させて頂きたいと思います。

 

 

ホルモンと不眠の関係性

 

先ほども申しましたがホルモンと不眠の関係性はあります。

 

 

その理由をお伝えします。

 

 

更年期になると女性ホルモンの分泌が不安定になります。

 

女性ホルモンはカラダの調子を整えたり、感情の働きに影響を与えるモノで人間の生活に密接に関わっています。

 

その分泌がおかしくなると感情がコントロールできなくなったり(怒りっぽくなったり、不安になる)、自律神経失調症になったりします。

 

 

つまり、不眠も自律神経失調症の1つの症状といえるワケですね。

 

このような原因で更年期には特に女性が夜眠れなくなってしまうケースが多くなると考えられます。

 

 

 

不眠を解決する3つの手段

 

不眠の原因がわかっただけでは何も変わりません。

 

それに対してどうしていくのかが大事です。

 

 

その解決策が成長ホルモンを分泌させること。

 

なぜなら成長ホルモンには女性ホルモンの元となる成分や免疫力を高める効果が含まれているから。

 

 

意識的に成長ホルモンを体内から生み出すことで、より質の高い睡眠に変わっていきます。

 

 

具体的には

 

  1. 筋トレをする
  2. .ご飯はお腹が空いたと感じてから食べる
  3. .朝の光をあびて目を覚ます

 

といった体に良いことを意識していけば大丈夫。

 

筋トレは筋肉に負荷をかけることで成長ホルモンの分泌を促します。

 

お腹が空いた時にご飯を食べるというのは満腹時には成長ホルモンが分泌されないから。

 

そして朝の光を浴びる事でメラトニンという物質を体内で生み出し、夜眠くなる効果を狙っている為です。

 

 

まずはあなたが取り組みやすい方法から実践してみることがポイントです。

 

個人的には 2か3が続けやすいと思います。

 

 

参考にしてみて下さい。